ブログ移転しました

ブログ移転しました。
といっても同じドメイン内での運用なのですが、WordPressの・実験検証もかねているので0からの記事投稿です。

こちらは過去記事などそのまま残したいと思っています。
自分で仕事を始めてから書いてきたブログなので、えがおでドットコム黎明期編という感じですね。

次がどんな日々になっていくか自分次第だと思うので頑張ります。

いろいろあった2015年。2016年も頑張っていきたいです。

久しぶりのブログの更新です。年が明けて2016年になってしまいました。

いま私は10月末に脳梗塞になり、いまは回復期リハビリのある病院に転院し、社会復帰に向けてリハビリ中です。

私のなった病気は、ワレンベルグ症候群といい、延髄外側の梗塞によって生じる症候群なのですが、症例のお手本のように顔の左側に麻痺、首から下の左側に間隔障害、体幹の歩行障害などが出ています。
運動障害や言語障害はないので、いまはきちんと歩けて、いつか運転もできるように2月半ばの社会復帰を目指してリハビリに励んでいます。

自分の病気もそうですが、2015年は7月に母が亡くなったりと、いろいろあった年でした。
母の死は家族の存在の大きさを実感しましたし、自分が倒れた後も父にいろいろサポートしていただいたりと家族のありがたみを実感する日々でした。

青年会議所の活動も委員長をさせて頂いたりと充実していたのですが、後半は入院してしまい事業計画書の提出など迷惑をかけてしまいました。

仕事の方でも、病室にパソコン持ち込ませて頂いたりはしたのですが、やはり打ち合わせや撮影には出向けないので、引き受けられない仕事なども出てきて迷惑をかけてしまいました。
いまのリハビリのための入院も2月くらいかかりそうなので、サポート業務などとあわせて、あらたなCMSを習得したりとスキルアップや新たな事業のための準備期間としても貴重な時間を利用していきたいです。

以前先輩経営者さんから「沈思黙考」の大切さについて教えて頂いたのですが、今回の入院は家族や周りの人、仕事や人生のことなど、いろいろ考えるいい機会になりました。
あたりまえにできていたことができなくなり、日常の大切さを実感しています。

リハビリの後、病室で聞く中島みゆきさんの「重き荷を負いて」が、コーヒーのCMのように沁みたりする入院生活ですが、病院のスタッフさんはみなさん明るい方ばかりなのでパワーを頂きながらリハビリに取り組んでいます。
療法士の方などは、このリハビリに取り組む意図などを丁寧に説明してくださるので目標をもってリハビリに取り組目ている気がします。
これは私の仕事にも大事な部分だと思ったので、入院期間を利用してサービスや販促ツールの改良などにも取り組んでいければと考えています。
「After Effects」で映像制作をされているスタッフさんがいて話が盛り上がったりということもあり、刺激の多い日々です。

来年で40歳。不摂生でなった病気ですが、人生に必要なメンテナンスだったと思って2016年も頑張っていきたいです。

いま頑張ると、いつかの自分を助けてくれる。自分を形作るものの中にJCの活動が入って少しでも進歩できたのならこんなに嬉しいことはありません。

串木野青年会議所の8月臨時総会から帰宅。体調が万全ではないので懇親会にはいけませんでした。

理事長報告で、母が亡くなった際に、さのさ前夜祭や本祭の忙しい合間に葬儀に出てくださったお礼や、先日の無事開催した「んだもしたんキングの挑戦状」事業のお礼など、きちんと伝えたかったのですが、JCメンバーの皆さんの顔見ていると、いろいろ思い出して涙が出そうで大変でした。

どうにか乗り切り、監事総評までいったのですが、西田監事か私の事業を例にして
「理事長に任された担いを全うし、ちゃんと計画して準備して実行する。そういうものの上に信頼は積み重ねられる」
といってくださったり、榎木外部監事の友人の子供たちも、んだもしたんキングの挑戦状に参加してくださっていたようで
「面白かった。また参加したい」
と言ってくれていたこと伝えてくださったりと、いつもお世話になっているお二人に厳しい意見を頂くことの多い監事総評でこんな言葉をかけて頂き、涙腺のゆるい私は大変でした。

JCに入会するか迷っていた時、入会を勧めてくださった先輩が
「40歳まで何か頑張った経験や記憶があると、41歳からの自分も頑張れるよ」
といってくださり、目から鱗で入会を決めた日のことを思い出します。

JCのやりがいや意義というのは、私は自分の中に見つけ出す部分が大きいと思っているのですが、私は何かしら見つけられたのかなと思います。
そんなに仕事の時やプライベートで自分のキャラを変えていたりはしないのですが、自分を形作るものの中にJCの活動が入って少しでも進歩できたのならこんなに嬉しいことはありません。

私は人生時間が一番の投資だと思っていますが、JCで過ごした日々は本当に貴重な時間だったと思います。

まるで今年で40歳になり卒業のようですが、あと一年あるのでまたいろいろ経験させていただければと思います。

これからも涙が出そうになるスイッチにおびえながらも、母との思い出を大事にして頑張っていきたいと思います。

母の葬儀も無事終わり。久しぶりに母と自宅に帰宅。
すっかり小さくなってしまった母ですが、我が家が大好きだったので喜んでいると思います。

葬儀には本当にたくさんの方が来て下さりありがたかったです。

私が遺族代表挨拶をさせていただいたのですが、斎場の方との打ち合わせ段階から、スライドショーの後にやるのかと、思い出の写真と素敵なナレーションのあとに、ちゃんと話せるか不安だったのですが、案の定轟沈。
母への思いや、母に親しく接していただいたみなさんへの感謝などを自分なりの言葉で伝えられればと思ったのですが、ちゃんと伝わったか不安です。

ちゃんと伝わっていたか不安なので、遺族代表挨拶を載せておこうと思います。
本当に皆さん、母に親切にしていただきありがとうございました!

遺族代表挨拶

遺族を代表いたしまして、ひとこと挨拶申し上げます。
本日は皆様、ご多用中にも関わらず、ご会葬をいただき、誠にありがとうございます。
母の発病以来、あらん限りの治療に取り組んできましたが、七月十八日、67歳をもって逝去いたしました。

明るい性格の母は、まさに我が家の象徴、明るい太陽でした。
昔から母に似ていると言われていて、いつも照れ臭かったのですが、
「田口君は、何でも楽しそうに熱心に作業するね」
など声をかけてくださることも増えてきて、外見だけでなく中身も、何でも全力投球で取り組んできた母に似てきたのなら、こんなに嬉しいことはないと思います。

家族のことを誰よりも応援してくれたのも母でした。
こ れから、父も乗船していた薩摩星雲丸での甥っ子の乗船実習、妹の看護学校の卒業、姪っ子の高校進学と、母の応援が実を結ぶ明るい出来事が続く中、その喜び を分かち合う日々の中に、母がいないというのは本当にさびしいですが、母との思い出や、母がかけてくれた言葉など大切にしながら、家族仲よく過ごしていきたいと思います。

私が座右の銘にしているネイティブアメリカンの教えにこんな言葉があります。
「あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。
だからあなたが死ぬとき、あなたが笑って周りの人が泣くような人生を送りなさい。」
昨夜から多くの方が母に会いに来てくださいました。
その様子を拝見し、まさにこの言葉通りの人生を母は送れたのではないかと思います。

あらためて母の生前中、皆様方には大変お世話になり、心から厚くお礼申し上げます。
皆さん母に親切にしていただき、本当にありがとうございました。
残る遺族一同にも故人同様のご厚情を賜りますよう、お願い申し上げます。
誠に措辞ではありますが、お礼のご挨拶といたします。
本日のご会葬誠にありがとうございました。

涙が出そうになるスイッチが、いたるところに隠れていて、とにかく水分不足になりそうな数日間でした。

地元のお祭りで忙しいのに青年会議所のメンバーさんも顔を出してくださり、母も青年会議所の事業によく参加してくれていたなと思いだしスイッチ。
父の涙ぐむ姿にスイッチ。
帰宅して探し物をしていていてもう母に聞けないということに気づいてスイッチ。
みんな帰ってきたのに母だけいないのが不思議そうな愛犬さくらの姿にスイッチ。

これからもあらゆるところに潜んでいる涙が出そうになるスイッチにおびえながらも、母との思い出を大事にして頑張っていきたいと思います。

ドメイン無事更新。年々胸にしみてくるがばいばあちゃんの言葉。また一年頑張ります!

年々楽しくなるWEBや広報の仕事。本当にやりがいを感じます!

今年も無事ドメインを更新できました。

1年仕事をどうにか続けられたことを実感するために、ドメインは1年ごとの更新にしています。
自分で仕事を始めて、今年で9年になるのですが、WEBや広報の仕事仕事は年々楽しくなり、やりがいも増しています。

特にWEBの仕事は検索エンジンの進化もあり、手をかけたら成果がついてくるのを間違いなく実感できています。
昔は被リンク(他所からのリンク)の天下で、お金を出してリンクを買うような大きな会社とはやりあえないところがあったのですが、いまはサイトのの内容などコンテンツを重視してくれるので、PDCAサイクルを回して運営していけば、成果がついてくる実感があり、やりがいがあります。

三人の石工の話。いまは旅人から質問を引き出す仕組みも作れるいい時代。

どのようなコンテンツを準備するか考えるとき、3人の石工の話をさせていただく事があります。
一人の旅人が現れ、
「あなたは何をしている人ですか?」
石工職人たちに質問をしていく話なのですが、同じ仕事に取り組んでいても仕事に対する目的や姿勢で、情報を受け取った側の気持ちや成果率は間違いなく変わってくるというような説明をさせていただいています。

質問の答えがコンテンツですし、きちんとした答えを用意しておく必要があるわけですが、いまは旅人から「あなたは何をしている人ですか?」という質問を引き出すことも可能だと感じていて、そこが楽しいです。

いろいろな仕組みを作って、自分のサービスや商品を必要とされている方に、商品やサービス、自分の思いを届けることができるようなったと感じていて面白いです。

きちんと運営されているサイトやブログは宝物。実際に会って素敵な方はWEB上でも素敵な人でいてほしい。

先日霧島市の橋口整骨院さんにお伺いさせていただいたのですが、橋口先生はブログを熱心に更新してくださっているので、そちらを印刷して待合室に置くといいのではないでしょうか。という話を以前させて頂いたことがあったのですが、実際に実践してくださっていて、ブログの記事を綴ったファイルは4冊目になっていました。

ブログファイル

こちらのファイルから患者さんとの会話が弾むこともあるようで、本当に素晴らしい試みだと思います。

橋口整骨院さんには他にも玄関のポスターや、ベンチなど、話のきっかけの種になるようなものがあり、それがきっかけで患者さんとより親しくなれるような雰囲気が作られていて素晴らしいと思います。

それとファイルは受付を担当されていている奥様が印刷して綴ってくださっているのですが、それも情報や思いの共有という意味で素晴らしいと思います。

サイトに案内されている情報や話題をスタッフの方が知らないというのは、実際にお客様に質問されて時などトテモまずい状況なので、内部スタッフさんとの情報や思いの共有はとても大事なことだと思います。

この歳になると時間が一番の資産だと思います。
貴重な時間を割いて書いてくださったサイトやブログの記事は、自分の仕事や活動を助けてくれる貴重なコンテンツです。
そういったコンテンツを大事にしながらきちんと想いを伝えてほしい。実際に会って素敵な方は、WEB上でも素敵な方でいてほしい。これは私がお客様とコンテンツを一緒に考える上でのコンセプトのひとつです。

年々胸にしみてくる「仕事を一生懸命頑張れば、米、味噌、醤油に、友達に信頼までついてくる」というがばいばあちゃんの言葉

9年くらい続けていると、付き合いがあったお客様も事業を辞められたり、いろいろな理由で付き合いのなくなった方もいらっしゃいます。
それはさびしいことですが、いまでもお付き合いの続いている方や、これからお付き合いの始まる方のために全力を尽くしていくしかないと思います。

私は手帳に、佐賀のがばいばあちゃんの「仕事を一生懸命頑張れば、米、味噌、醤油に、友達に信頼までついてくる」という言葉を印刷して持ち歩いているのですが、年々この言葉が胸にしみてきます。

今年は新たな事業にも取り組みたいと思っていまいろいろ準備中です。
そちらの事業でも、信頼を積み上げていけるように試行錯誤していければと思います。

次のドメイン更新まで、また頑張りたいです!

本場インド料理 ナマステ ミラン。カレーは美味しい、ナンが大きい!素敵なお店が街に増えました。

今日は作業日。久しぶりに日中いちき串木野市内にいたので、昼食は最近近所にできた「本場インド料理 ナマステ ミラン」さんに行ってきました。
ナンが大好物なので、オープンを楽しみにしていたのですが、期待以上の美味しさでした!

店内はとてもきれいでした。
カウンター席はないのですが、2人で利用するテーブルも複数あったので、一人で来店しても座りやすかったです。
スタッフさんは皆さんインドの方のようでしたが、日本語も上手で接客も丁寧でとても過ごしやすかったです。

ランチタイムのラインメニューでナンがついたものは5種類あったので、私はビジネスランチ950円を楽しみました。
ランチメニューはカレーライスのメニューもありました。

それぞれのランチメニューは、カレーは3種類くらいから選べますし、ドリンクも選べます。
ドリンクはラッシーを選んだのですが、本格的な濃いめな味で美味しかったです。

ラッシー

そしてこちらがビジネスランチ。

ビジネスランチ

ナンの大きさにびっくりします!
大きいだけでなく当然美味しいです。

大きなナン

カレーも当然美味しいです。
今回はチキンカレーを選びました。
辛さも選べるということで今回は中辛を選んだのですが、程よい辛さで美味しかったです。
それでも食べ終わる頃には、じんわり汗をかいている本場の味でした。

オープン楽しみにしていたのですが、予想以上に美味しく大満足でした。

夜は4人から予約できる、食べ放題・飲み放題コースもあるそうで、内容も豊富でとてもいい感じのコースでした。
飲み放題も生ビールや焼酎など定番のものはもちろんですが、痛風持ちの私にも嬉しいラッシーやチャイなどならではの飲み物も多く、いつか食べ放題・飲み放題コースも利用してみたいと思います。

支払いの際にレジに置いてあったチラシをもらってきたのですが、10%割引クーポンもついていたので、また近いうちの今度は家族を誘ってでかけられればと思います。

本場インド料理 ナマステ ミラン

営業時間
平日(月~金) ランチタイム 11:00~15:30(o.s. 15:00)
                       ディナータイム 17:00~22:30(o.s. 22:00)
土・日・祝日  オールディ 11:00~22:30(o.s. 22:00)
          ※土・日・祝日のランチタイムは平日と同じ時間帯だそうです。

電話 0996-32-7166

住所 鹿児島県いちき串木野市5064-1

2015年鹿児島県議会議員選挙 いちき串木野市区 候補者の政策発信動画のご案内(e-みらせん)のご紹介

ここ数日、2015年鹿児島県議会議員選挙に関する郵便物などが多く届きます。
いろいろ情報受け取って、いちき串木野の代表となるかた選べればと思います。

串木野青年会議所でも、2015年鹿児島県議会議員選挙 いちき串木野市区 候補者の政策発信動画のご案内(e-みらせん)をさせていただいております。

e-みらせんのご案内

「e-みらせん」は、青年会議所が行っている運動のひとつで、政策本位による政治選択を実現するため、選挙に際して「いつでも、どこでも、政策を知ることができる」ことを目的として、各種選挙における公開討論会や候補者の政策発信動画を集めたインターネットサイトです。

今回、2015年鹿児島県議会議員選挙に伴い、いちき串木野市区の候補者3名の方にご協力いただき政策発信動画を公開させていただきました。

鹿児島県議会議員選挙は、町の代表の方を選ぶ大事な選挙です。

動画では各候補者の方に

  • 自己紹介及び立候補に至った理由
  • いちき串木野市の港の未来構想
  • 重点事項に対しての自由意見

についてお聞きしています。
候補者の皆さんの思いをぜひご覧ください。

 

植松努さんのブログに、ツタエルドボクにJCメンバーさんのアドバイス。きっかけやヒントは世界にあふれていると感じます。

仕事作業がひと段落したので、役員会への資料提出が控えているJCの事業計画書の作業中です。

委員長をさせて頂くのは2回目ですが、前年度の委員長がくみ上げてくださったものをもとに進化させていただく作業をした前回の委員長時代より苦戦中です。

最初の委員長では、おたから発見★いちき串木野 公式サイト制作や、おたから発見★いちき串木野検定の開催などに取り組みました。

公式サイトは、前年素敵なガイドブックを作ったので、そちらの内容をより多くの方にみていただければという思いで制作しました

いろいろな方にみていただいているようで、メールフォームからの問い合わせの対応など私がしているのですが、馬頭観音を観るために愛知から来てくださった方などもいて、サイト作ってよかった思ったところでした。
何年か運営してみていろいろ手を加えたいところもあるのですが、仕事の合間になかなか時間作れずやれずにいるところです。
レスポンシブWEB化と、記事への地図の追加などはできるだけ早く取り組みたいと思います。

おたから発見★いちき串木野検定については、うちの母も受験してくれて、家や病院の待合室で熱心に勉強してくれていました。
無事合格し、母の認定証は玄関に飾ってあります。
身近でJC活動を感じられています。

認定証

地かえて祭りなどでもPRさせていただき、アンケートに答えてくださった方の中から抽選でガイドブックを送らせていただいたりもしたのですが、実際にガイドブックで受験してくださった方がいて、不安の中での地かえて祭りでの取り組みだったのですが嬉しかったです。
その方は去年も受験してくださっていて、他の町の方なのですが、いちき串木野とのご縁が生まれたかと思い、さらに嬉しかったです。

今年の事業は、青少年体験交流事業として、物語仕立でいちき串木野市のことをRPGチックに学んでいただく事業をできればと準備中なのですが、まだまだ資料不足ということで実際にどのような事業を行うかというコンセンサスの部分がまだまだで、資料作り頑張ろうと思っているところであります。

普段話しあう機会の多いJCメンバーさんにもこういう状況なので、実際にどのようなことをするか、どうやって参加者さんを募るか、広報の部分でも本当にいろいろ考えていかないといけないなと実感しているところであります。

ただ仕事でもそうなのですが、課題が見つかるとアンテナの向く方向や情報の接し方なども変わるのか、いろいろきっかけやヒントなどに触れる機会も増えたと感じます。

以前こちらのブログで「植松努さんの講演動画」を紹介させていただいたのですが、ブログの方でJC時代の青少年事業の集客に関する話をとてもタイムリーにしてくださっていました。

自分がなぜこの事業をしようと思ったのか、その実現のために何をしないといいけないのかなど、あらためて感じさせる記事でした。

実際の広報手段など考えていたときに、JCメンバーさんが「ツタエルドボク」について教えてくださいました。

内容自体も素晴らしいイベントなのですが、広報活動に関しても参考になる事例でした。

やはりJCメンバーさんのアドバイスは頼りになります。

こういった情報をもとに計画書の修正や、資料の追加に取り組んでいるところであります。
期限的にも気持ち的にもギリギリにならないようにできればと思います。

今度の青年会議所の例会の有効活用時間は、似顔絵やセルフブランディングやストーリーテーリングなどの話をさせて頂く予定

今度の青年会議所の例会の有効活用時間は、私たちの委員会が担当ということで、似顔絵やセルフブランディングやストーリーテーリングなどの話をさせて頂く予定です。

今年は青少年事業の委員長をさせていただいているので、青少年体験交流事業として、物語仕立でいちき串木野市のことをRPGチックに学んでいただく事業をできればと準備中なのですが、青年会議所のメンバーさんを一人一人キャラクター化しようと思い、似顔絵の依頼などが来た場合に書いていただいているヒアリングシートの記入やデジカメでの撮影などをお願いする予定です。

いくつかキーワードをいただいて、それからもとにキャラクター化する感じになります。
私の場合はこんな感じ。

青少年事業キャラクター化

それにあわせて、セルフブランディングやストーリーテーリングなどの話をさせて頂くことになりました。

似顔絵は話題のきっかけになるものを用意したほうがいいという話や、自分のことや自分の提供できるサービスをちゃんと物語として話せるように準備しておくといい感じです。というような話をできればと思っています。

似顔絵は仕事でも依頼いただく事があるのですが、最近はSNSでアイコンとして使用することもできたりと活用する場面は増えてきたと思います。ただ似ているだけでなく、話題が広がるようなものを用意したいなといつも考えています。
名刺などは相手にお渡しできる最強の営業ツールだと思うので、文字だけでなく似顔絵やキャッチコピーを使用しておくのはいい感じだと思います。

こちらはブログのバーナーに使用している似顔絵です。

バナー似顔絵

頭がだいぶ派手なのですが、こちらはクッシュボールを被っているという設定にしています。
クッシュボールは、グッドアンドニューに使用するツールです。

グッドアンドニューとはグループのメンバーが順番に、過去24時間以内にあった良い出来事や、新しく知ったことを挙げていくというものです。
発表する内容は、天気が良かった、何らかの努力が実ったという話まで、何でもかまわないません。
この活動の目的は、グループ全体で、ある一つの習慣を共有することにあります。嬉しい出来事や体験に集中させることで、それを活力源にし、ネガティブな出来事や体験に気持ちを塞がれないようにする。
また、障害や問題が起こったときに、その出来事を別の角度から見ることによって、意味をプラスに解釈する習慣です。

こういったちょっと変わったボールを使います。

クッシュボール

このクッシュボールは実にユニークな形をしていて、それを受け取った人は動作から自然に楽しくなるような行動を取ります。
この行動が発言を簡単にしたり、記憶を思い出すことを手助けしてくれる効果があるのです。

クッシュボール Kooshball レギュラーサイズ
K2Mワールド
売り上げランキング: 4,949

似顔絵をきっかけにクッシュボールやグッドニューの説明をする機会を得たり、こういうのが好きな人なんだと伝わる機会を作りたいわけです。

ストーリーテーリングについては、サイトの立ち上げの際などに書いてもらっているヒアリングシートをお渡しし簡単に説明させて頂き、カタルタを使った物語作りのワークショップをしていただこうと思っています。

カタルタ

「カタルタ」は、発想力を高め、コミュニケーションを豊かにする鹿児島生まれのカードセットです。

みんなでつむぐ即興の物語セッションをはじめ、ブレインストーミング、アイスブレイクなどに活用できます。

私は個人で仕事をしているので、一人会議などにもカタルタを利用しているのですが、そういう話をオズボーンのチェックリストなどと交えてお話させていただければと思っています。

貴重な有効活用時間なので、少しでも役に立つ話ができるように準備していければと思います。

「検索結果をもっとモバイル フレンドリーに」Google フレンドリーなサイト制作・運営に関するウェブマスター向け公式情報案内がありました

「検索結果をもっとモバイル フレンドリーに」Google フレンドリーなサイト制作・運営に関するウェブマスター向け公式情報案内がありました。

簡単にいうと検索の結果に、 スマートフォン表示への対応がされているかどうかを反映していくという発表です。

これはなかなかシビアな話題なので、普段営業的な電話やメールをすることはほとんどないのですが、サポートをさせて頂いているクライアントさんに向けて、こちらのGoogleの発表の案内と、レスポンシブWEBデザインへの提案の案内を出させていただきました。

検索エンジンの仕組みは複雑ですし、競合サイトのスマートフォン対応などの検証もいるのでしょうが、実際スマートフォンの普及に伴い、 サイトをスマートフォンで見る方が増えてきているのは間違いありません。
昨夜から今朝にかけてWEBマスターツールから、モバイル ユーザビリティ上の問題が検出の案内がいっぱい来ていたので、この機会にスマートフォンにも対応した サイトへのリニューアルをされるのはどうかと思い、メールを出させていただきました。 

作業的にはレスポンシブWEBデザインという技術を用いて、 モニターサイズやブラウザ(インターネットエクスプローラーやGoogle Chrome など) の横幅にあわせて、サイトの見た目を変えるリニューアルをすることになります。

レスポンシブWEBデザインでの制作依頼は増えていて、 昨年手がけたサイトは、全部レスポンシブWEBデザインでした。 
こちらのブログもレスポンシブWEBデザインなので、試しにブラウザの横幅を狭くしてもらえると、 上部のメニュー部分がプルダウンメニューに変わったり 、サイドのメニューが下の方に回り込むのをご確認いただけると思います。 

ご自身のサイトがモバイル フレンドリーかを簡単にテストできるサービスもありますので、サイト運営されている方は調べてみるのもいいかもしれません。

自分のサイトのURLを入力するだけでチェックができてとても便利です。

モバイル フレンドリー テスト

スマートフォンやタブレットで見やすいサイトというのは、当然サイトをみに来てくださる方にとっても参照しやすいわけなので、これはこういうことになるんだろうなと思います。
サイト運営もホスピタリティですね。

昨年レスポンシブWEBデザインへのリニューアル作業をしたサイトは、ビッグキーワードで50位くらいだったのが10位くらいまで上がったサイトがありました。
「鹿児島 狙っているビッグキーワード」などで、見込み客の絞り込みをすることがほとんどなので、そこまでビッグキーワード単体での順位は狙ってはいないサイトでしたし、コンテンツの集約や追加作業なども同時に行ったので、モバイル フレンドリーだけで順位がアップしたわけではないと思いますが、少なくとも悪い面はないと思うので、モバイル フレンドリーは今後サイトを運営されていくなら大事なってくると思います。